南部と北部での違い|イベントなどに積極的に参加しよう|不動産を知るための努力が重要
レディー

イベントなどに積極的に参加しよう|不動産を知るための努力が重要

南部と北部での違い

住宅

岐阜県は、南北で大きな違いがある県である。その為、注文住宅を建設する場合には、場所にあった建て方を行う必要がある。岐阜県の南部は、平野部が多く、比較的住宅を建て易い地域である。岐阜市を中心に開けており、商業施設や企業のオフィスビルなども多くある。また、岐阜県の南部では、名古屋市など愛知県に近いため、名古屋のベッドタウンとして発展している場所も多くある。これらの地域では、住宅地として整備されており、公共施設や商業施設なども比較的多くなっている。その為、注文住宅の建設を行う場合にも、比較的建て易いということがある。都市部での通勤や、買い物などの利便性を考慮して注文住宅の購入を考える場合には、南部を選ぶと良い。

岐阜県の南部では、平野部が広がり都市化も比較的進んでいるが、中部や北部では山間部が多いということがある。北部では豪雪地帯も多く、注文住宅を購入する場合には南部とは異なる考慮が必要になる。岐阜県の北部で注文住宅建設する場合には、雪への対策や断熱性能を高めた住宅建設が必要になる。岐阜県の北部では、特に冬場の気温は低く、雪も多く降る地域が多い。その為、北部での注文住宅建設ではこれらの点を考える必要がある。購入価格については、南部より北部の方が安い傾向がある。土地の値段が、北部の方が安いためであり、広い住宅建設や自然環境の中での生活を希望する場合には、岐阜県の南部よりも北部での住宅購入がより向いている。