京阪沿線の住宅都市|イベントなどに積極的に参加しよう|不動産を知るための努力が重要
レディー

イベントなどに積極的に参加しよう|不動産を知るための努力が重要

京阪沿線の住宅都市

インテリア

土地区画整理が進む

寝屋川市は古くから住宅地として発展した街で、特に高度成長期には大阪や京都のベッドタウンとなり、新築一戸建てが大量に建築されました。そのため大阪府内でも人口密度の高い、住宅の密集地域となっています。住環境の改善や交通渋滞の緩和を目指して、現在では土地区画整理などの公共事業が逐次進められています。京阪電鉄の寝屋川市駅や香里園駅周辺は、交通アクセスが良く生活至便なエリアとして人気があります。2000万円台でも駅から徒歩圏内の新築一戸建てを購入できますが、敷地面積は広くありません。駅から少し離れると、比較的広々とした物件を見つけやすくなります。京阪バスと近鉄バスの路線が、おおむね市街地全体をカバーしています。

閑静な住宅街が多い

寝屋川の古い市街地には中小規模の商店街やスーパーマーケットがあり、日常生活に不自由はしませんが、大規模な商業施設は幹線道路沿いに展開しているので、車があると便利です。新築一戸建てでも道路幅の狭い場所にある物件は、運転に注意する必要があります。なお再開発で道路が拡張されている地域もあります。全体的に見れば寝屋川市には閑静な住宅街が多く、医療施設も整っていて、名所旧跡や大きな公園も少なくありません。住宅地として再開発が進めば、いっそう住みやすい街になることが期待されます。子育て世代なら小中学校に近い物件、のんびりと暮らしたいなら公園に近い物件など、ニーズに合わせた新築一戸建てを選ぶことができます。